Vamos ブラジル生活!

1年間のブラジル留学後、またブラジルへ。日本と正反対の場所にある国での生活をリポートします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月下旬 準備開始

ブラジルで生活するために必要なものは何か。
私は1年間ブラジルへ留学したので、生理用品1年間分やら、米、味噌、しょうゆ持参などの愚行はもう犯しません!
スーツケースの場所の無駄!

確かに、日本の生理用品は薄い、もれない、使いやすい。
でも、ブラジルにもあります。郷に入りては、郷に従え、現地のもので十分です。
米、味噌、しょうゆも最初は見つけづらいかと思いますが、現地で作られているものがあります。

私は来年、サンパウロ、リベルダージ近辺に住むつもりです。
仕事も学校も近いので。
リベルダージは、言わずも知れた東洋人街。
日本、中国関係のものは何でもあります。
おたふくお好みソースだって、キューピーマヨネーズだって、
冷やし中華だって、アンパンだって、焼きそばパンだって、風呂釜だって・・・
とりあえず、海外にでた日本人がサウダージ(懐かしさ)を抱くであろうものは全部あります。
リベルダージにはブラジル全土から観光客が来ます。
ブラジルでありながら、かなりアジアな場所リベルダージ・・・。

リベルダージなら何でもそろえられますが、地方だと少し大変かもしれません。
でも、必ず売っているところはあると思います。
ブラジル食を受け付けられない人は結構いるので、そういう人は探さないといけないですね。

地方のレストランに行って、テーブルにしょうゆが置いてあったときは、ブラジルに日本の文化が浸透しているんだなあと嬉しくなりました。
移民の方々の努力に感謝です。
スポンサーサイト

コメント

日本でしか手に入らないような、書籍は沢山持っていくと良いと思います。
日本では、ゆっくり読めなかった、読み応えのある本とか。
サンパウロでも本は手にはいるけど、高いし、専門書があるわけでもないですからね。
どうでしょう。

  • 2005/10/15(土) 09:16:16 |
  • URL |
  • Sao Paulo #tcVNSrvM
  • [ 編集 ]

そうですね。むしょーうに日本語が読みたくなるときがありますもんね。
自分の専門分野の本は、持っていっておけばと思いました。
あと小説とかを、私は、日本文化協会の人文研の本のバザーで大量に買いました。年に1回か2回していたと思います。1冊1レアルから売っているので、日本語の本としては最安値だったと思います。
結局持って帰れずに、友人や県人会においてきましたが。

  • 2005/10/15(土) 23:14:38 |
  • URL |
  • namiko #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naminjbr.blog29.fc2.com/tb.php/4-efa699d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。