Vamos ブラジル生活!

1年間のブラジル留学後、またブラジルへ。日本と正反対の場所にある国での生活をリポートします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

只今デカセギ中

いざ、ブラジルへ行くとなるとお金がかかる・・・。
ビザ代、飛行機代、保険代、学費・・・。

だいたい30万から40万くらいかと思っています。(もっとかも・・・)

そのため、今バイトを2つ掛け持ちです。
こんな田舎でも、働きたいと思ったら、結構仕事がある。
日本ってやっぱり経済大国だなあ。

バイト先には、ブラジル人も来ます。
出稼ぎだと思うけど、私の状況も出稼ぎみたいなものです。
将来の希望をもって、日本で稼いで、ブラジルへ帰る点とかね。

さて今日も働きます
スポンサーサイト

ビザのお話

海外で生活するには、ビザが必要。
観光ビザでも90日間はいられます。
でも、生活したいと思ったら、もっと<長い間滞在できるビザがほしいとところ・・。
たとえば、学生ビザ、労働ビザ、永住ビザなど。
【“ビザのお話”の続きを読む】

テーマ:留学 - ジャンル:海外情報

準備するもの

出国のために準備するもの。

 パスポート
 長期滞在用のビザ
 航空券
 
こんな感じでしょうか。
で、ブラジル生活のために必要なもの。

 保険
 お金関係
 予防接種
 辞書

他にも、もしパスポートの期限が切れたり、盗まれた場合、再取得しやすいように戸籍謄本を持っていこうと思います。

―ブラジルに興味を持ってる方、大好きな方に―
ブラジルの旅行会社で働いている友人が作っているHPがあります。
ブラジル全土の観光地、名所など、盛りだくさんです。
私もこのHPを見て、何度も夢見ました・・・。
日本語、ポルトガル語、英語、中国語、韓国語があります。
ブラジル旅行に役立ちますよ。
http://www.brazilonboard.com/jp.asp

テーマ:留学 - ジャンル:海外情報

9月下旬 準備開始

ブラジルで生活するために必要なものは何か。
私は1年間ブラジルへ留学したので、生理用品1年間分やら、米、味噌、しょうゆ持参などの愚行はもう犯しません!
スーツケースの場所の無駄!

確かに、日本の生理用品は薄い、もれない、使いやすい。
でも、ブラジルにもあります。郷に入りては、郷に従え、現地のもので十分です。
米、味噌、しょうゆも最初は見つけづらいかと思いますが、現地で作られているものがあります。

私は来年、サンパウロ、リベルダージ近辺に住むつもりです。
仕事も学校も近いので。
リベルダージは、言わずも知れた東洋人街。
日本、中国関係のものは何でもあります。
おたふくお好みソースだって、キューピーマヨネーズだって、
冷やし中華だって、アンパンだって、焼きそばパンだって、風呂釜だって・・・
とりあえず、海外にでた日本人がサウダージ(懐かしさ)を抱くであろうものは全部あります。
リベルダージにはブラジル全土から観光客が来ます。
ブラジルでありながら、かなりアジアな場所リベルダージ・・・。

リベルダージなら何でもそろえられますが、地方だと少し大変かもしれません。
でも、必ず売っているところはあると思います。
ブラジル食を受け付けられない人は結構いるので、そういう人は探さないといけないですね。

地方のレストランに行って、テーブルにしょうゆが置いてあったときは、ブラジルに日本の文化が浸透しているんだなあと嬉しくなりました。
移民の方々の努力に感謝です。

9月中旬 決意

9月中旬、ブラジル時代のお世話になった方に、ブラジルに長期で滞在する方法はあるのか?と相談したことが、このブラジル生活の始まりです。

その相談がきっかけで、働かせてもらえる会社を紹介していただきました。
あれよあれよという間に、話は進み、来年1月から働くことになりました。
そのころはまだ、渡伯の覚悟ができておらず、不安でした。
お金をたくさんもらえるわけでも、将来が約束されたわけでもない・・・。

そんなとき、ブラジルで生活している友人が“来てみたら、なーんだって感じっすよ”というアドバイス(?)をくれました。
この無責任な感じの一言に、私の目の前はすーっと開けた気がしました。

一年の留学を通じて、もっとポルトガル語を学びたい、ブラジル文化、社会を知りたいと思ってました。
こんなチャンスは、次は来ないかもしれない!
今しかないかもしれない!
と思い、ブラジル行きを決意しました。

この機会を最大限に生かしていかなければならないんだー!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。